パースピレックス(医療用制汗剤)|ワキガ・多汗症の施術|きぬがさクリニック 大阪・姫路の美容外科・美容皮膚科・皮膚科・形成外科

ワキガ・多汗症

ワキガ体質、多汗体質解消の施術

パースピレックス(医療用制汗剤)

パースピレックスの特徴

パースピレックス(Perspirex)は、特許処方により長時間、効果が持続する医療制汗剤です。

市販の制汗剤は効果持続期間も1日と短く、その都度のこまめな塗りなおしが必要でした。また、手のひらや足裏の汗に対しては、抑制効果が低いものばかりが存在します。しかし、パーピレックスは、汗の気になるするワキ、手のひら、足裏などに一度塗るだけで、汗腺内の水分に反応し、入浴や手洗いなどで効果が低下することなく3~5日間の制汗効果が持続します。
※1回の使用で65%の発汗抑制が72時間以上持続することが実証されています。

ワキガ・多汗症の手術やボトックス注射は妊娠中の方は受けることができませんが、パーピレックスは安定期に入られた妊娠中の方から12才以上の方にも安全に使用でき、アレルギーの心配もありません。

パースピレックスの作用

汗腺深部に角栓を作り「フタ」をすることで物理的に発汗を抑制します。

効果が高い理由

塩化アルミニウムが汗腺内の水分と反応し、水酸化塩化ナトリウムを生成します。これが皮膚上層の細胞のケラチンとともに汗腺内に栓を形成します

この反応中に副産物である塩酸が生成されます。塩酸は刺激に対して弱い皮膚の部分で炎症や痛みを引き起こすことがありますが、パースピレックスではロールオン式の溶液に乳酸アルミニウムを添加(特許取得)することによってこの問題が解消されました
乳酸アルミニウムが塩酸と反応することで塩酸が消滅して炎症が軽減されると同時に、制汗作用は増大します。乳酸はNMF成分(天然保湿成分)として知られています。

   

使用方法

  1. よく乾いた、傷のない皮膚に使用。
  2. 就寝前に汗を抑えたい部位にパースピレックスを2往復塗布する。
    望まれる効果が得られるまで(通常1週間以内)毎晩使用。
  3. 塗布部位が完全に乾いたら衣服を着用
  4. 塗布した翌朝のみ洗い流す(塗りなおしの必要なし)

1回の使用で汗とニオイを3~5日間抑制します。

料金表

施術名 内容 正規価格 会員価格
パースピレックス(外用剤) 腋用 4,500円 -
手足用 5,000円 -

表示価格は税別価格です。