ゼニカル|医療痩身|きぬがさクリニック 大阪・姫路の美容外科・美容皮膚科・皮膚科・形成外科

ダイエット薬・肥満遺伝子検査

医薬品を使用した医療痩身

ゼニカル(脂肪吸収抑制剤)

新しい肥満治療薬

ゼニカルとは著しい肥満の方の体重コントロールのために開発された医薬品です。従来のダイエット薬のように食欲を抑制するというものではなく、体内への脂肪吸収を阻害し体重を落とすものです。脂肪は大きな分子であり、体内に吸収される際には脂肪分解酵素(リパーゼ)によって分解される必要があります。食事と一緒に摂取することによって、ゼニカルはこれらの酵素の働きを妨害します。これによって食事で摂取された脂肪の約30%が消化されずに腸を通り抜けることができ、体はこの余分なカロリーを脂肪組織に変えたり、エネルギー源として使うことができなくなります。この作用が減量したり体重を保ったり、体重の増加を最小限にとどめるのを助けます。また栄養バランスのとれたカロリー控えめの食事と併用することで、さらなる効果が期待できます。

処方について

ゼニカルによる副作用として、急にまたは頻繁に便意をもよおす、ガスによる胃腸の膨満や放屁、油分や脂肪分を含んだ排便などが消化システムの局所作用により起こります。これらの症状は、通常は軽微で治療の初期に起こりやすい症状ですが、短期間で解消します。特に脂肪分を含んだ食事の後によく起こります。また、ゼニカルは脂肪の約30%が消化されずに腸を通り抜ける特性から油性便などの便通における害のない変化をもたらすことがあります。特に高脂肪分の食事を取ったときにこの発生確率が高くなります。3度の食事での脂肪分の摂取はなるべく平均的に摂るようにしてください。またゼニカルは、特にベータカロチンやビタミンEといった脂肪に溶けやすい栄養素の吸収を抑えるので、果物や野菜を多く含む食生活を心がけてください。

治療について

通常2週間以内に減量が始まり、6ヶ月から12ヶ月間減量しつづけます。その後は、その減量体重を維持し、再び体重が増加するのを防ぎます。減量幅が少ない場合でも、高血圧、高血糖、高コレステロールなどの危険因子の改善効果は、通常治療開始後1ヶ月で認められ、ゼニカル服用中はその効果を維持します。

治療を受けて頂く際の注意点
  1. 服用を忘れた場合、食後1時間以内の場合はすぐに服用し、その後は通常通りの服用を続けて下さい。まとめて倍に服用しないで下さい。
  2. ゼニカルの主成分であるオーリスタット(orlistat)、またカプセルに含まれるその他の成分にアレルギー反応を起こす人は服用出来ません。
  3. 熱帯性スプルー症、突発性脂肪便症など必須栄養分の吸収力に障害のある方も服用出来ません。また慢性マルアソープション(吸収不全)症候群の方、アレルギーを起こしたことのある方、他の薬を服用中の方はゼニカルを服用する前に医師にご相談下さい。

ゼニカルは医師の指導のもと処方される医薬品です。類似品にご注意下さい。
またゼニカルはメソセラピーやエンダモロジーと併用することでより高い効果を得ることが出来ます。
なおご質問などがございましたらスタッフまでお気軽にご相談下さいませ。

料金表

施術名 内容 詳細 税別価格
ゼニカル トライアル 7カプセル 1,000円
1箱 84カプセル 18,000円

表示価格は税別価格です。

  • 診療予約
  • メールカウンセリング

治療の予約やお悩みなどお気軽にお問い合わせください。

ご 予 約
お問合せ

0120-77-5511

【診療時間】AM10:00~PM7:00

pagetop